2011年10月02日

フリー記者の田中龍作氏/討論番組で「やくざ記者」批判、自身はやくざの風貌

自称フリージャーナリストの田中龍作氏(@tanakaryusaku)がゲスト出演した読売テレビの討論バラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」が2日午後、関西地方などで放送された。

tanaka02.jpg

この日のテーマは「モラル劣化“政治家VSマスコミ"暴露! オフレコ“不敵記者"登場/講和60年あの増刊号“勝者"初出演!」。

司会のやしきたかじん氏と辛坊治郎氏のほか、三宅久之氏、金美齢氏、桂ざこば氏、古賀茂明氏、勝谷誠彦氏、宮崎哲弥氏、村田晃嗣氏、浅越ゴエ氏の8人がパネラーとして出演。

番組は午後1時30分から始まったが、田中氏がゲスト出演したのは、政治家やマスコミのモラルの劣化について話し合う後半戦で、午後2時10分から46分までの約30分間だった。

田中氏はこの日、サングラスにストール、ベージュのジャケットといった「やくざ」のような風貌で登場し、鉢呂吉雄前経済産業相の辞任会見で「やくざ言葉」を浴びせた記者への追跡劇を説明するなどして、記者クラブ批判を展開した。しかし、同様に東京電力の幹部らに「やくざ言葉」を浴びせた「ネイビー通信」の田代裕治氏(@tashiroyuji)については触れなかった。

また、田中氏の風貌が特殊だったためか、金美齢氏から「田中さんはどこへ行ってもサングラスを外さないんですか?」などと指摘される場面も。これに対し、田中氏は「方々に敵がいますんで…」と説明していた。

今回の田中氏の出演に対し、インターネットの簡易ブログ「ツイッター」や巨大掲示板「2ちゃんねる」などでは、「結局、田中龍作が一番調子に乗ってたというオチか。自己陶酔してる時点で結局調子に乗ってんだよ。」「なんでサングラスをかけてんだろ? 公式サイトやTwitterでもツラをさらしてないが、年齢や経歴だけじゃなく、顔も公開もできないのか?」などの感想が書き込まれている。


※メイビー通信では、番組内の田中氏の発言を中心に文字起こしを行っています。


tanaka01.jpg

tanaka09.jpg

tanaka08.jpg

tanaka03.jpg

tanaka04.JPG

tanaka05.jpg

tanaka06.JPG

tanaka07.jpg

posted by メイビー通信 at 15:43| Comment(3) | フリー記者・田中龍作氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネイビー通信はアウトロー方面に進出中のようですね。東京ではこの番組が放送されていないとのことですので、いちゃもんをつけるにもつけようがないといったところでしょうか。
Posted by at 2011年10月02日 18:51
田中龍作は空気の読めない馬鹿だったな。
弁護士は悪人も善人も守るんだって事がわかってない知恵遅れ。

1:39:20-
外国特派員協会講演 慰安婦問題 橋下徹 Foreign Correspondents' Club of Japan Hashimoto Toru - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=uAicqg59ca4
Posted by あほや at 2013年05月27日 23:32
橋下さんに一蹴されたアホか。
Posted by at 2013年09月05日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。